【遊戯王】魔妖・妖怪の歴史概要5選!

  • 2018年8月5日
  • 2019年3月1日
  • 未分類
  • 447view

魔妖シンクロモンスターは日本の妖怪をモチーフにしたカテゴリ

馴染みのある名前ばかりですが、そんな妖怪たちに視点を向けてみましたよ。

意外と知られていない妖怪たちのルーツには新しい発見が・・・

それではどうぞ!

f:id:paulracerx6488:20180805215959j:plain

 

 目次

広告

がしゃどくろ

f:id:paulracerx6488:20180804111916j:plain

境港市水木しげるロードに設置されているがしゃどくろのブロンズ像

概要

戦場や野垂れ死にして、埋葬されることなく最後を遂げた死者の怨念の集まり。

巨大な骸骨という特徴はテレビアニメ・映画等でも強烈なインパクトを残す。

ガチガチと音をたて現世の夜をさまよい、生きた人間を捻りつぶして食べてしまうといわれる。

実は1970年代に創作された妖怪。

「がしゃどくろ」創作の発端になった絵は歌川国芳の傑作「相馬の古内裏」。

山東京伝によって書かれた「善知鳥安方忠義伝」という読本(小説)の一場面を切り取った錦絵。

作中では数百の骸骨との戦闘シーンであるところを、国芳は一体の巨大な骸骨として描いた。

キャラクターとしてのがしゃどくろ

がしゃどくろ – Wikipedia

がしゃどくろとは (ガシャドクロとは) [単語記事] – ニコニコ大百科

f:id:paulracerx6488:20180727212635p:plainf:id:paulracerx6488:20180727212803p:plain

f:id:paulracerx6488:20180718230154p:plain平成狸合戦ぽんぽこの妖怪行脚のシーンで強烈なインパクトがありました。

夜叉の頭蓋骨の大きさや、魔妖の上級モンスターということで戦闘時に「がしゃどくろ」へ変異した姿だと思われます。

ナリはいかついですが、リンクモンスターが破壊された時に特殊召喚できるということで意外と義理に熱いやつだと感じてます。

 妖狐

f:id:paulracerx6488:20180804113010j:plain

概要

妖狐とは人間をたぶらかす狐の妖怪。

人間をたぶらかしたり人間の姿に化けるとされ、化け狐とも呼ばれる。

日本各地の昔話、世間話では狸と並び人間や他の動物に変身し、人を化かすと言う。

また助けてくれた人に対し恩返しをするなど暖かい一面も持つ。

一口に妖狐と言っても生きた年月や色などにより呼び名が変わる。

様々な妖狐

赤狐(せきこ)
神道系。通常の毛色の狐を「赤毛」と形容する場合もある。

白狐(びゃっこ、はくこ)
白い毛色を持ち、人々に幸福をもたらすとされる、善狐の代表格。
稲荷神社に祀られているお稲荷様の神使の狐も、ほとんどが白狐である。神道系。

黒狐(くろこ、こくこ)
黒い毛色を持ち、北斗七星の化身と呼ばれている。

銀狐(ぎんこ)・金狐(きんこ)
それぞれ名の通りの毛色を持ち、月をシンボルとしている。
2種は、同様異質の存在である。仏教系。ダキニ天の化身とも。

九尾の狐(きゅうびのきつね)
尻尾が9本生えた狐。代表的な九尾の狐として、白面金毛九尾の狐が存在する。
九尾の妖狐や、単純に九尾と呼ぶこともある。

天狐(てんこ)
1000歳を超え強力な神通力を持ち神格化した狐。
千里眼を持ちさまざまな出来事を見透かす力がある。

空狐(くうこ)
3000歳を超え神通力を自在に操れる大神狐。
天狐からさらに2000年生きた善狐が成るといわれる。

仙狐(せんこ)
善狐のなかで、1000年以上生きた狐のことで、中国における狐の分類。

辰狐(しんこ)
荼枳尼天の別名。寺院の稲荷の御神体は大体これ。

野干(やかん)
荼枳尼天の眷属とされる。本来はジャッカルだが中国では馴染みがなかったため一絡げにされた。

妲姫との関係

妲己は中国二番目(発見されている王朝の中では最古)の王朝・殷最期の王・紂王の妃である。
元は文武に優れていた紂王が堕落していた頃にそれに拍車をかけた張本人とされ、没後2000年経っても毒婦の代名詞みたいに言われている。
牧野の戦いで殷が滅亡したのに際し、命を落としている。
なお、当時の女性は姓名が逆に記載されていたため、彼女の場合は姓が「己」、名前が「妲」らしい。

民間伝承では白面金毛九尾の狐と同一視され、「人間」だった本物の妲己を殺害して乗っ取ったとも云われている。

妖狐 – Wikipedia

妖狐 (ようこ)とは【ピクシブ百科事典】

f:id:paulracerx6488:20180727212356j:plainf:id:paulracerx6488:20180727212855p:plain

f:id:paulracerx6488:20180718230154p:plain遊戯王としては妲己が戦闘時に妖怪へと変異したとでしょう。 

妖狐も妲姫もマンガなどで多く引用される引っ張りだこのキャラクター、馴染みのあるものばかりですね。

幽遊白書より

f:id:paulracerx6488:20180805211839j:plain

地獄先生ぬ~べ~より

f:id:paulracerx6488:20180805211904j:plain

 イケメンがおおいですな。

 

天狗

f:id:paulracerx6488:20180805212100j:plain

概要

日本では一般的に山伏の服装で赤い顔と高い鼻。

翼で空を飛び、俗に人を魔の道へ導く魔物とされ、外法様ともいわれる。

また後白河天皇の異名でもある。

もともとは中国で凶事を知らせる流星のことであり、天から地上へ災いをもたらすとされた。

しかし日本ではそうした文化が根付くことはなく、平安時代に妖怪として認知され今に至る。

 特徴

  • 日本では長く突き出た鼻を持ち、団扇をもち一本下駄を履いた赤ら顔の山伏の姿で描かれる。
  • 時に烏天狗や小天狗を従者として従えている。
  • 人が踏み入らないような山に生息しているが、川に生息する少数派もいる。(だが都市部・海での生息は確認されていない)
  • 自分の能力を過信して正しい修行を行わなかった僧侶がなると信じられている。そのため、賢いが傲慢な者が多い。
  • 仏教を収めているため地獄に落ちることはないが、傲慢な煩悩のため悟りを開くこともできないので六道全てから出禁を食らっている状態とされる。輪廻のループも正しく抜けていないため、彼らは解脱しているとは言えない。 
  • そこから転じて上げた功績を誇り、傲慢になった人物を「天狗になる」と揶揄することもある。ちなみにそういった人物の自尊心を傷つけることを「天狗の鼻を折る」という。

天狗 – Wikipedia

f:id:paulracerx6488:20180727212509p:plainf:id:paulracerx6488:20180727213009p:plain

 サーチ&リクルートの波旬が妖怪変化した天狗

シンクロ前の効果の方が強力な効果を持っておりますが双方便利。

真面目そうな波旬もいがいと天狗なところがあるのでしょうか。

土蜘蛛

f:id:paulracerx6488:20180805212545j:plain

 土蜘蛛は日本において朝廷・天皇に恭順しなかった土豪たちを示す名称である。各地に存在しており、単一の勢力の名ではない。土雲とも表記される。また同様の存在は国栖(くず)八握脛、八束脛(やつかはぎ)大蜘蛛(おおぐも)とも呼ばれる。「つか」は長さを示す単位であり、八束脛はすねが長いという意味である。
近世以後は、蜘蛛のすがたの妖怪であると広くみなされるようになった。 

妖怪としての土蜘蛛

時代を経るに従い、土蜘蛛は物語や戯曲などに取り上げられ山蜘蛛や土蜘蛛などの名称で、日本を「魔界」にしようとする存在あるいは源頼光に対抗する蜘蛛の妖怪とされ、妖怪として定着していった。

平家物語』の「剣巻」では「山蜘蛛」と表記され、源氏の家系に伝来する「蜘蛛切り」という刀にまつわる物語として登場しており、このはなしが能の五番目物の『土蜘蛛』などにも取り入れられ、妖怪としての土蜘蛛がひろく知られるようになった。

源頼光が瘧(マラリア)を患って床についていたところ、身長7尺(約2.1メートル)の怪僧が現れ、縄を放って頼光を絡めとろうとした。頼光が病床にもかかわらず名刀・膝丸で斬りつけると、僧は逃げ去った。

翌日、頼光が四天王を率いて僧の血痕を追うと、北野神社裏手の塚に辿り着き、そこには全長4尺(約1.2メートル)の巨大な山蜘蛛がいた。頼光たちはこれを捕え、鉄串に刺して川原に晒した。

頼光の病気はその後すぐに回復し、土蜘蛛を討った膝丸は以来「蜘蛛切り」と呼ばれた。能の『土蜘蛛』では、土蜘蛛は四天王らに対して「葛城山に年を経し土蜘蛛の精魂なり」と語っている。

 引用

土蜘蛛 – Wikipedia

f:id:paulracerx6488:20180727212438p:plainf:id:paulracerx6488:20180727213020p:plain

f:id:paulracerx6488:20180805214858p:plain束脛が土蜘蛛へ変異した姿だと思われます。

土蜘蛛と呼ばれた天皇に恭順(謹んで従う)しない勢力たちが歴史の中で妖怪の扱いを受け、不気味な存在へと変えられたのでしょうか。

ペンは剣よりも強し?

朧車

f:id:paulracerx6488:20180805213545j:plain

石燕の画図では、半透明の牛車の前面の、本来なら簾がかかっている場所に巨大な顔のある姿で描かれている。

解説文では、「むかし賀茂の大路をおぼろ夜に車のきしる音しけり。 出てみれば異形のもの也。 車争の遺恨にや。」とある。

「車争い」とは、平安時代に祭礼の場などで、貴族たちが牛車を見物しやすい場所に移動させようとした際に牛車同士が場所を取り合ったことをいう。平安中期の物語『源氏物語』において、六条御息所が祭り見物の牛車の場所取り争いで葵に敗れ、その怨念が妖怪と化したという話がよく知られていることから、この話が朧車のもとになったという説がある。

朧車とは – goo Wikipedia (ウィキペディア)

f:id:paulracerx6488:20180727212546p:plainf:id:paulracerx6488:20180727213052p:plain

f:id:paulracerx6488:20180805214858p:plain優しそうな雰囲気の車夫ですが、「車争い」(祭り見物の場所取り)の時は鬼の形相なのでしょうか。

遊戯王の中ではリンク先や有利な盤面の奪い合い。

意地でも場に残ろうとする効果はまさに朧車の怨念が描かれているのかも

優しそうな人ほど怒ったときは恐ろしいものですね。

 

魔妖モンスターから見る妖怪の歴史まとめ

アニメや漫画で馴染みのある妖怪たちの歴史には古くからの言い伝えや文化が織り交ぜられており、思った以上に奥深かったです。

遊戯王カードのデザインや設定といえども多くの背景や設定が隠されており、少し調べてみるだけでカードへの愛着が湧いて来ました。

いろんな背景を知ることでさらに遊戯王を楽しむことが出来そうです。

最後まで見ていただいて有難うございました!

マタンゴ

f:id:paulracerx6488:20180725221828p:plain

 アンデットチューナーまとめ

www.matasoku.com

動画で魔妖デッキを確認しよう!

www.matasoku.com

アンデット対策しよう!

www.matasoku.com

最新情報をチェックしよう!
広告